現在表示しているページ
ホーム > 龍人伝説 > Gワークス

龍人伝説

Gワークス

松本さん (写真)Gワークス代表 松本さん
内装(写真) Gワークス外観・内装(写真)

木の温かさ、龍神木材

山と川、豊かな自然に恵まれた龍神村の特産物の中でも注目をあびているのが龍神材(龍神木材)です。品質の良い龍神材は他府県の業者が買い付けに来る程の人気振り、村内でも(株)龍神住宅が龍神材を使用した住宅を販売し、好評を得ています。
伐採され、加工されてもなお、呼吸し、生きている龍神の木で作られた製品の持つ、本物の温かさ、優しさは、忙しい日常に追われた現代人の心を癒す力を持っているのかもしれません。

龍神の木に座る

Gワークスには、染色、木工、陶芸等龍神村の素材を生かした物作りを行う人達が集まっています。
今回紹介するGワークス代表の松本さんは、龍神材を使用した家具の製作・販売を行っています。
子供の頃から木工に興味のあった松本さんは、京都で木工を勉強し、龍神村に帰って来てから本格的に龍神材を使用した家具の製作を開始したそうです。なんとか素材の良さを生かした家具が作れないかと試行錯誤し、現在の製品を完成させました。
製作している家具の中でもおすすめのものは、という問いに「椅子ですね。椅子はもっとも人と接する部分の多い家具です。龍神材の持つ素材の良さ、木の優しさ、温かさがもっともダイレクトに伝わる家具が椅子なんです」と松本さん。Gワークスの椅子は座っていると木工製品独特の柔らかさが伝わってきます。金属やプラスチック等の無機質の素材には無い生きている素材の脈動さえ伝わるようです。なんとも言えない良い木の香りに包まれているとまるで、龍神村の木に直接座っているような気がします。

龍神材のブランド化へ

「Gワークス」という名称は、松本さんが名付け親。Gワークスの“G”は、Green(緑)の“G”だそうです。
「生命力に溢れて力強い、未来へと伸びる若葉の緑をイメージして名付けました。すくすくと伸びる若葉のように龍神材の製品を龍神村発のブランドとして全国へ広めていきたいですね」と将来の展望を語ってくれました。
Gワークスの家具は、少しずつファンが増えているそうです。木工品に限らずGワークスの作品は、龍神村の宿泊施設「季楽里 龍神」にインテリアとして配置されています。実際に椅子に座り、その座り心地の良さからGワークスへ注文する人もいるとか。龍神発のブランドとして全国の人が“龍神の木に座る”日も近いかもしれません。

Gワークス
〒645-0301 和歌山県田辺市龍神村大字福井460
TEL&FAX 0739-77-0785

このページのトップに戻る