現在表示しているページ
ホーム > 龍神村を見よう! > 龍神村指定文化財 > 皆瀬弾正の墓

龍神村を見よう!

豊かな自然に囲まれた龍神村の見どころをご紹介

皆瀬弾正の墓

文化財:史跡  所在地:龍神村龍神1246番地  指定日:平成4年6月23日(1992年)

龍神氏12代当主(弾正)は、小又川の小森に下屋敷(別宅)を建て皆瀬と往来していたが、天文7年(1538年)戊戌7月15日小又川で領内の不満分子数十名が盆踊りの夜に反乱を決行。武勇名高き弾正も不測の凶事に動転、「万夫不当に働き、敏をことごとく打ち捨て、弟の正義に我が子「正房」(3歳)を託し、命運尽き果て当主の誇りを矜持しつつ、生年36歳にて自書す」とあり。この皆瀬の山裾に、法名 義直、妻と子(男子)の墓地と屋敷が残されている。小又川の小森に明神八幡社を天文年間(1532〜1554)造営の宮跡、弾正の子、正房(皆瀬鶴千代・法名道玄)は13代を継ぐ。
弾正の没後90年、寛永年中(1624〜1644年)14代正貞の代に紀伊藩主、徳川頼宣(南龍院)が来郷の御触れあるも中止となるが、頼宣の逗留所が用意された。当時の逗留所名が、上御殿・下御殿の名を今にとどめている。

皆瀬弾正の墓

龍神村指定文化財へ戻る

このページのトップに戻る