現在表示しているページ
ホーム > 龍神村を見よう! > 龍神村指定文化財 > 鶴ヶ城祉

龍神村を見よう!

豊かな自然に囲まれた龍神村の見どころをご紹介

鶴ヶ城祉

文化財:史跡  所在地:龍神村東鶴ヶ崎  指定日:平成11年3月16日(1999年)

日高川本流とその支流丹生ノ川の合流地点の山頂に玉置直虎(下野守直虎)の城塞として元弘3年(1333年)に構築された。天正13年(1585年)玉置氏第11代当主、玉置惣左衛門太夫の頃、秀吉軍に攻撃され落城。
平成11年より山上の発掘調査が実施され今後の学術調査が期待される。関連史跡として出城の「鳶ノ串」、家臣居城の「鏡ヶ城跡」と「平ヶ城跡」・「松本氏居屋敷跡」・「殿屋敷跡」などがある。

鶴ヶ城祉

龍神村指定文化財へ戻る

このページのトップに戻る