現在表示しているページ
ホーム > 「龍」のコレクション > 龍神氏(りゅうじんうじ)

「龍」のコレクション

龍神氏(りゅうじんうじ)

皆瀬弾正の墓

皆瀬弾正の墓(市指定文化財)

  • 田辺市龍神村龍神
  • 殿垣内に治承4年(1180)源頼氏(源頼政の5男)が、この地に落ちのび館を構え、移り住んだ住居跡と、治承年中(1177〜1181)に同氏が勧請した八幡神社(市指定文化財)がある。
    又、永享12年(1440)に建立された龍神和泉守(龍神氏8代当主 源正長)の墓石があり、下流の皆瀬には龍神氏第12代当主皆瀬弾正の墓(市指定文化財)がある。(龍神村史跡マップ
    皆瀬神社は永禄2年(1458)龍神正直(龍神氏10代当主)が勧請し、文明年間(1469〜1486)龍神正氏(龍神氏11代当主)が建立した。
    皆瀬神社には明治42年(1905)神社合祀令により旧龍神地区の約20社が合祀されており、毎年11月3日に祭典が行われている。

このページのトップに戻る